<K-2SOをもっと深く解説>

K-2SOはC-3PO、R2-D2、BB-8…次なるスター・ウォーズの新ドロイド

K-2SOという主人公ジンとスター・ウォーズシリーズには欠かせないドロイドの情報をより深くお伝えします。
特報映像で一瞬登場していたK-2SOの存在は謎に包まれたままでしたが、R2-D2、C-3PO、BB-8に続く新ドロイドとして注目が集まっています。
主人公ジン・アーソとローグ・ワンの一人キャシー・アンドーとの関係も明らかになります。

K-2SOは一体どんなキャラクター?

K-2SOはチューバッカのように長身で(身長2m16㎝)、ダース・ベイダーのように黒く、C-3POのような細長い手足をしており、いかにも強そうなドロイドです。
一体どんなキャラクターなのでしょうか? 本作のギャレス・エドワーズ監督はK-2SOについて“C-3POとは真逆”の性格だと言及。神経質でうるさいC-3POとは正反対で、タフで自信に満ちており、忠誠心も持ち合わせているキャラクターだと明かしています。
さらにK-2SOは見た目はドロイドだけど、性格的にはチューバッカに近いね」とギャレス監督は言っています。
ちなみにこのドロイド足がめちゃくちゃ長いです。また、劇中ではすごく真面目な部分が表に出ていて、非常に笑えるキャラクターとっています。
さらにK-2SOはR2−D2のように自分の体にデータをダウンロードしたりできます。
なので、ちょっとおしゃべりなR2-D2と言えるかもしれません。
ではK-2SOとローグワンのキャラクターとの関係はどういうものなのでしょうか?

人間とドロイドの新コンビが誕生!キャシアンとK-2SOは“親友同士”

主人公ジン・アーソの後ろで、ジンのお目付役で反乱軍の情報将校キャシー・アンドーとK-2SOが何やら目線を合わせています。
2人の関係は一体何なのか?
キャシアン演じるディエゴ・ルナは、この2人の関係を
「キャシーとK-2SOはお互いのことを長い間知っているんだ。キャシーはずっと反乱軍にいてとても寂しい人。そんなキャシーの唯一の友人がK2なんだ」と、親友同士であることを明かしています。
写真をよく見ると、K-2SOの腕には帝国軍のマークがあります。
元は帝国軍のドロイドだったK-2SOをキャシアンが再プログラムし、反乱軍の仲間にした過去があります。
そんな過去も、さらに2人の絆を確かなものにしているのかもしれません。