<デス・スターをもっと深く解説>

デス・スターとは

デス・スターにはゲイレン・アーソが作った銀河最強の兵器スーパーレーザーが搭載されています。
まるで惑星のような形、大きさの宇宙ステーションで帝国軍の基地としても活躍しています。
過去に破壊した星はジェダ、スカリフ、オルデランです。
ローグワンでは反乱軍が帝国軍からこのデススターの設計図を奪う物語が描かれています。
そしてエピソード4新たなる希望でルーク・スカイウォーカーによって破壊されます。

第2デス・スター

エピソード4で破壊されたデススターですが、第2デス・スターとしてエピソード6で復活します。
その規模は初代デススターを上回ると言われています。