<スタッフ>

監督:ギャレス・エドワーズ

1975年イギリス生まれ。
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)と
スティーブン・スピルバーグの『未知との遭遇』(1977)に出会い
映画監督を目指すようになる。

主な作品:『GODZILLA ゴジラ』(2014)

wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/ギャレス・エドワーズ

製作:キャスリーン・ケネディ

アメリカの映画プロデューサー。スティーヴン・スピルバーグ
ロバート・ゼメキス監督と仕事をすることが多い。
サンディエゴのテレビ局で番組制作に携わる。
1979年に『1941』にスタッフとして参加したことがきっかけで
プロデューサーとして活躍するようになる。

主な作品:『E.T.』 (1982)

     『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984)

     『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)

     『ジュラシック・パーク』 (1993)

     『A.I.』 (2001)

     『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)など

wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/キャスリーン・ケネディ

脚本:クリス・ワイツ

2002年公開の『アバウト・ア・ボーイ』で
アカデミー脚色賞にノミネートされた。
2007年公開の『ライラの冒険 黄金の羅針盤』で
クリス単独で映画監督を務めた。

主な作品:『アバウト・ア・ボーイ』(2002)

       『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(2007)

wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/クリス・ワイツ

<おすすめコンテンツ>

<おすすめ商品>